マイホームや相続した不動産を早期売却可能!?不動産買取におけるよくある疑問を解決

相続した不動産は、仲介を利用して売却するとなると時間も手間も多くかかる、このような理由から早期売却可能な不動産買取を利用するケースも少なくありません。
家は長く人が住んでいないと、さまざまな箇所に痛みが生じてしまうため資産価値が下がることになります。
不動産買取の場合、買取を行っている会社が決まれば最短1週間程度で処分ができるので、家が傷まない資産価値が損なわれないメリットや固定資産税などの税金からも解放されます。

不動産買取は仲介手数料がかからないメリットがある

不動産を売却するとき仲介手数料が必須、このように考えている人も多いのではないでしょうか、仲介業者を利用したときには報酬としてこのような手数料を支払うことになりますが、不動産買取は直接物件をその会社が買取して、再販するといったビジネスになるので仲介手数料が発生することはありません。
要は、この手数料は仲介したときの報酬になるので仲介ではない不動産買取は発生しないわけです。
不動産会社は、売却できるまでの期間が短縮できるメリットもあります。
仲介業者を利用したとき、購入したい人は多くいても必ずしも成約に結び付くことはありません。
一般的には3か月から半年程度の平均的な期間の中で成約になりやすいといわれていますが、1年近くかかることもありますしそれ以上かかることもゼロではないのです。
その点、不動産買取は業者が決まれば直ぐに売買契約を交わして家や土地を売ることができるメリットがあり、不動産買取では1週間程度で完了することもあるといいます。

仲介手数料がかからない以外にもいろいろなメリットがある不動産買取

不動産買取には、仲介手数料がかからないというメリット以外にも多くの利点があります。
通常では迅速なプロセスで行われるために、不動産仲介のように買い手を見つけるために時間をかける必要がなく、買取会社が迅速に査定してオファーを提示します。
これにより不動産の売却プロセスが大幅に短縮されることから、早急な動きを出すことが可能です。
不動産買取は確実な売却ができるのは、買取の条件を一度合意したら、それに従うため買い手が急に取引をキャンセルする心配がありません。
また物件の状態に対して査定を行う際に、通常は仲介の場合よりも修繕やリフォームに対する厳密な要求が緩和されることがあります。
これは売主にとって負担を軽減することができる点になるので、ストレスが無く任せることができます。
不動産買取では売却に関する手続きが単純化されるため、書類作成や法的手続きについて買取会社がサポートし、売主の負担を軽減します。
価格交渉の必要性が低くなるのもメリットなので、総合的な判断で決めることです。

空き家にも税金がかかる!早期売却なら不動産買取が有利

家を相続したけれども、住まいは他にあるのでそのまま放置している、訳あり物件は売却ができないといわれてそのままにしているなど、使わない家は税金などのコストや家の状態が悪くなるなど良いことはありません。
空き家といっても固定資産税や都市計画税(地域による)などの税金を納めなければなりませんし、家の状態により固定資産税の負担を軽減できる特例が使えないなどの理由から最大6倍の課税額になることもあります。
固定資産税は所有者に課税されるもので、空き家になっていてもその家を所有している人に納税義務ありますので、必ず納めなければなりません。
なお、不動産買取を使えば不要な住宅を短期間で処分することができます。
そのため、不動産買取は税金対策としても有効な手段といっても良いでしょう。
築年数が経過している、雨漏りするなどの状態でも不動産買取には契約不適合責任が問われませんので、買取して貰った後に住宅に何らかの不具合が生じていたとしても責任を負う必要がない、このようなメリットもあります。

築年数が経過している空き家の税金対策としても有利な不動産買取

築年数が経過し空き家となった不動産物件は、所有者にとって税金対策ができます。
このような状況に対して有利な方法の一つであり、固定資産税の対策に有利であるかについて説明します。
所有者が空き家を保有している場合には、固定資産税を支払わなければなりません。
しかし不動産買取によって空き家が新たな所有者に移ると、税の負担は購入者に移行します。
これにより所有者は税金の軽減を享受できるので、知識として持っておくと便利だといえます。
その他にも買取する際には、その売却に伴う所得税やキャピタルゲイン税に関しても、所有者にとって有利な要因があります。
特に不動産が長期間保有されたケースでは、税金の特典や減税制度を適用できる可能性が高まります。
多くの地域で住んでいない住宅の問題に対処するための政策やプログラムが実施されていて、不動産買取は上手に活用して地域社会への貢献を行う手段として評価されることも少なくありません。
所有者が協力的なアプローチを取ることで、地元自治体と連携し特典や支援を受けることができるでしょう。

不動産買取は契約不適合責任が問われない?

プロの不動産会社による不動産買取には、通常の売買とは違ったメリットがいくつかあります。
そのなかでも大きなものが契約不適合責任を問われないことといえます。
この契約不適合責任というのは、売買契約が成立した後の物品やサービスが契約内容とは適合しなかった場合に、売主が買主に対して負う責任のことをいいます。
具体的には引渡しを受けた後の不動産に、契約時にはわからなかったような雨漏りやシロアリの被害、土台な傾きなどの欠陥が見つかった場合について、後から売主に対して損害賠償を求めたり、欠陥がある箇所の補修工事を求めたりすることができることを意味しています。
通常の個人間売買では契約書に免責規定があって双方で合意している場合などを除き、このような責任を免除されるものではありませんが、不動産買取の場合には相手がプロであって特段に法律上の保護が必要ないことから、一般に売主の免責が成り立つこととされています。
ただし故意に欠陥を隠したり偽ったりした場合にはこの限りではありません。

不動産買取は再建築不可物件も対象になる?

相続した家が再建築不可で売却ができない、このようなときには不動産買取業者に相談することで売却できる可能性があります。
この場合、再建築不可物件を専門にしている不動産買取業者に相談するのがポイント、ホームページに過去の実績が多数掲載されているどのような物件の買取に強いのか分かるようになっている、情報を上手に活用することで見つけることができます。
買取が完了する前の流れは、最初に対応している業者をネットで探して見積もりを依頼する、見積りが揃った段階で内容の分かりやすさや金額などを比較して依頼先を絞り込む、必要書類を要して売買契約といった流れになります。
再建築ができない物件には袋地や旗竿地、前面道路が法定外道路などの種類がありますが、いずれのケースでも不動産買取に相談することで売却の可能性は高くなるので安心です。
家の状態にもよりますが、早めに買取して貰うことで家の価値を損ねることがない早期処分はリノベーションなどで資産価値を高めるためのポイントにもなります。

再建築不可物件の処分ができる不動産買取業者選びのポイント

再建築不可物件を処分したい時には、不動産買取業者に依頼する方法もあります。
不動産買取業者に依頼する時には、専門の業者を選ぶのがポイントです。
これまでに手掛けたことがあるという程度では、ノウハウを持ちませんので取引ができるかが分かりません。
実績があってノウハウも持っていればスムーズに取引できますので、依頼者も安心です。
会社の質に違いがなければ、営業マンを比較するのも一つの方法です。
気持ち良くやり取りするためには、誠実な対応をしてくれる営業マンでなければなりませんが、不動産買取業者の中には不誠実な対応をしているケースもあります。
見極めたい時に見ておきたいのは、親切で丁寧な対応をしているかや、要望を伝えたらその希望にそうように努力しているかという点です。
専門用語を使わずに分かりやすい言葉で伝えてくれるのもポイントが高いですし、メリットだけでなく気になる点もきちんと伝えるような正直な対応だと信頼できます。

不動産買取を利用して再建築不可物件の買取が完了するまでの流れ

相続した不動産を売却したいけれども、再建築不可物件なので売れないとき不動産買取業者に相談することで売却の可能性が高まります。
ただ、不動産買取業者といっても各社に得意領域があるため、再建築ができない住宅の買取を専門にしていたりこのような不動産の売買の頻度が多い会社を見つけることがポイントです。
流れとしては、買取可能な会社を数社探して見積もりを依頼する、各社から届いた見積もりの金額や内容をしっかり比較すると同時に対応の良さなどもチェックして、その上で優良業者に買取を依頼して行うことになります。
再建築不可には前面道路が法定外や旗竿地などの種類がありますが、再建築ができない物件の買取に特化している会社は種類に関係なく対応してくれます。
なお、再建築ができない家をそのまま放置していると固定資産税などの税金を支払い続けることになりますし、家の状態がそれほど悪くない場合などでは放置している傷みやすくなるなど早期処分が大切です。

不動産買取なら処分できる再建築不可物件の種類

不動産買取を利用して処分できる再建築不可物件の種類は多岐にわたり、再建築不可物件は法的なことや、物理的または経済的な理由から再建築が難しい不動産を指します。
地震が多い地域では建物が耐震基準を満たさない場合があり、再建築が制約されることがあります。
このような建物は買取対象となることも少なくありません。
そして年月を経た建物は老朽化し修繕が難しい場合があるために、再建築には高い費用がかかるため買取が選択肢となります。
土地利用規制では建築規制や地方自治体の条例などが、再建築を難しくする場合があり、歴史的な建物や文化遺産の保存地域なども厳しく制限されています。
環境汚染が検出された地域や土地にある建物も、環境対策や土壌浄化に関連したコストがかかるため買取が選択されることも少なくありません。
また土地が新たな道路や公共施設の拡張計画の対象である場合、建物の取り壊しが必要なことがあります。
不動産買取では様々なケースを考えられるので、一般的なことから特殊な例まで把握しておくことです。